理念

pixta_22740408_M

全ては、病める人のために

【基本方針】

1.患者のために
 わたしたちは医療と介護のサービス提供を通じて患者に、そしてその家族の幸せに貢献することを大切にします。

 奉仕と共感の精神をもって皆さまと共に安全で質の高い医療と介護を実践します。

 医の倫理に従って患者の意思と権利を尊重し、自ら進んで専門性を磨きプロフェッショナリズムを追求します。

 

2.職員のために
 わたしたちは地域社会へ貢献する礎となる全職員の幸福を大切にします。

 個々の職員が成長できる機会を用意し安心して力を発揮できる環境を整えます。それにより技術と知識、人格、倫理性を備えた人材を育てていきます。

 

3.地域社会のために
 わたしたちは自分たち自身が生活し、働いている地域社会を大切にします。医療介護事業を通して良き市民として地域の福祉に貢献します。

 ヘルスケア分野の専門家集団として地域社会の安定と発展を目指します。

基本方針

  • 患者様の人権、権利を尊重し、十分な説明を行い適正な医療を提供します。

  • 関係機関との連携を密にし、地域の方々が健康で安心できる環境づくりに貢献します。

  • 常に最新の医療技術、設備を維持することに努力します。

院内感染に関する取組事項

  • 院内感染に関する基本的な考え方
     感染防止対策は、安全、安心、かつ良質で適切な医療提供の基盤となるものである。当院は、院内感染の防止に努め、院内に関わるすべての方々及び、全職員を 守るために「標準予防策(スタンダードプリコーション)」の観点に基づいた医療行為を実施しています。また、院内感染発生の予防と発生時の速やかな対応を行うことに努めます。

  • 院内感染対策の組織形態と取組内容の基本的事項
     ①当院における感染防止対策の意思決定機関として「院内感染防止対策委員会」を設置し、毎月1回会議を開催し感染防止対策に関する事項を検討します。
     ②実働的な感染制御チーム(ICT)を委員会内に設置し、感染防止対策の活動を行っています。

  • 院内感染に関する職員研修についての基本方針
     全職員に対して感染防止に対する知識・技術や意識の向上を図るために年に2回以上の研修会を実施します。

  • 感染症の発生状況の報告体制等の基本方針
     各部署からの感染症発生の報告(原則毎週1回)を行う。また、院内感染発生時には拡大を抑制する事に尽力すると同時に感染源を確定するために院内感染対策 マニュアルに基づき迅速な対応を図ります。

  • 患者さんへの情報提供
     感染症の流行が見られる場合には、ポスター掲示等で広く院内に情報の提供を行うと共に手洗い、マスクの着用などについて感染防止の協力をお願いします。
     本取組事項は院内掲示し、また、院内感染防止対策指針等の閲覧を求められた場合にはそれに応じます。

  • 院内感染対策推進のために必要なその他の基本方針
     院内感染防止対策マニュアルを作成し、職員への周知徹底を図ると共に定期的な見直しを行う。

理事長挨拶

伊賀 文計

伊賀 文計

勤 務

昭和54年7月 明石仁十病院勤務
昭和58年12月 院長就任
平成22年8月 理事長就任

担当科

内 科 

専 門

尿病・消化器内科 

備考

平成24年~28年 明石市医師会第9代会長

安心して生活できる地域社会を目指して

日本の人口は、2006年をピークに以後低下の一途をたどります。そして数十年後には約7000万人まで減少する超高齢化社会が到来すると考えられています。現在は3人の現役世代が一人の高齢者を支える「騎馬戦」型ですが50年後には一人の若者が一人の高齢者を支える「肩車」型の時代が到来するといわれています。そのような社会になっても、明石仁十病院は職員一同で医療と介護に全力で取り組み、人間が住み慣れた地域で安心して過ごせるように、また人間としての尊厳を最後まで全うできるような地域社会の構築にまい進努力しようと考えています。

 

仁十病院は次の事を重点課題として活動します。

 

 1.病気に罹患した人に適切な医療を提供します。
 2.リハビリを充実し、健康寿命を少しでも延長できるようにします。
 3.訪問看護、訪問リハビリ、訪問介護を充実させ、在宅生活の支援をしていきます。
 4.独居高齢者や要援護高齢者が安心して生活できる施設(サービス付高齢者住宅)を建設します。

院長挨拶

小澤 一之

小澤 一之

勤 務

平成24年5月 明石仁十病院勤務
平成29年4月 副院長就任
令和元年7月 院長就任

担当科

内科、耳鼻咽喉科

専 門

耳鼻科

明石仁十病院は昭和39年の開設以来50有余年、ここ明石の地で地域医療に携わって参りました。現在は149床の入院病床と9つの診療科を医療の中核として、通所リハビリテーション事業などの介護保険サービスも提供しています。
その他にも地域のニーズに耳を傾け必要とされるサービスを模索しながら歩んできた結果、訪問診察、訪問看護や訪問リハビリ、訪問介護、居宅介護支援事業、サービス付き高齢者住宅など多様な在宅サービスをも幅広く展開する形に発展してきました。
社会は世界に先駆けてすでに高齢化しており、大きく変化し続けています。私たちが担うべき役割もまた時流に合わせて変化し続けていますが、病める方々とそのご家族に全人的に寄り添い続ける私たちの精神は先人と同じくしています。
皆様に信頼して頂ける病院であり続けるため、そして、質の高い医療介護サービスを地域に提供し続けられるよう引き続きスタッフ一同で努めて参ります。今後とも変わらぬご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。

副院長挨拶

伊賀 誠

伊賀 誠

勤 務

平成28年4月 明石仁十病院勤務
令和元年7月 副院長就任

担当科

整形外科

専 門

一般整形外科、スポーツ整形

7月1日をもって、副院長の役を頂くことになりました。
地域の皆様のお役に立てますよう、小澤新院長と共に一層努力して参りますので、宜しくお願いします。

副院長挨拶

沖波 武

勤 務

令和2年4月 副院長就任

担当科

泌尿器科

平成26年度より当院で泌尿器科医として勤務しておりましたが、令和2年度より副院長の任を拝命しました。一臨床医として引き続き日々の診療に取り組みながら、当院のサービスの更なる改善に注力したいと思います。「安心」、「分かりやすさ」を私のモットーとして、地域の皆様により必要とされる病院作りを進めて参ります。

病院案内

病院としての実績により明石市の皆様に選ばれています

明石市の皆様に愛される病院として成長を続けてまいります

概要

病院名

明石仁十病院

理事長

伊 賀 文 計(いが ふみかず)

住所

兵庫県明石市魚住町清水1871-3

電話番号
078-942-1921

FAX 番号

078-941-7722

診療時間

9:00~17:00

休診日

土曜午後、日曜、祝日

診療科目

内科・胃腸内科・循環器内科・糖尿病内科・呼吸器内科・神経内科耳鼻咽喉科・外科・整形外科・放射線科・リハビリテーション科

許可病床数

149床
(内訳)
一般病棟:29床
回復リハビリテーション病棟:20床
医療療養病棟: 100床

敷地面積

7703.69㎡

建物延面積

7493.30㎡

関連施設

仁十クリニック、清水の家・仁十

アクセス

【公共交通機関の場合】
JR山陽本線
 土山駅下車 徒 歩  約20分
 魚住駅下車 徒 歩  約25分
 タクシー 約10分

 

明石takoバス
 土山駅より清水西ルート
 仁十病院停留所下車すぐ

 

神姫バス
 1・4系統 福里停留所 徒歩約7分

 

【自動車の場合】
第二神明道路 明石西インターより約10分
※駐車場完備

 

医療機関として、明石市にお住まいの皆様が安心・快適な生活を送れるようサポートして参ります。患者様のお気持ちを大切にし、わかりやすい説明とインフォームド・コンセントの推進によって、医療サービスを提供し続けて参りますので、明石市の明石仁十病院をよろしくお願い致します。

仁十病院シャトルバス(巡回バス)の場合

DSC_01341

シャトルバスは明石仁十病院、清水の家・仁十及び仁十クリニックへの受診や面会、見学等でお越しの方であれば、どなたでも無料でご利用頂けます。

※ シャトルバスは職員も利用しておりますので、予めご了承下さい。

シャトルバス(現行)

シャトルバス乗り場

シャトルバス乗り場名

詳細

六分一交差点(ローソン横)

ローソン 稲美六分一西店の東側
(駐車場内ではありません)

明石仁十病院(まこと薬局)

明石たこバスの乗り場付近

仁十クリニック
清水の家・仁十(サ高住)

仁十クリニック、清水の家・仁十の正面玄関

魚住高層住宅

第2高層1号棟、第2高層2号棟、第1高層

土 山 駅

土山駅南口東ロータリー
(明石たこバス「土山駅南口」付近)

東 二 見 駅

東二見駅北ロータリー
(明石たこバス「東二見駅北口」付近)

関連施設一覧

satuki1

サービス付き高齢者向け住宅「清水の家・仁十」

 2011年の「高齢者住まい法」の改正により創設された高齢者向けの住宅です。一定の面積、設備とバリアフリー構造等を有する高齢者向けの賃貸住宅(有料老人ホーム)であって、ご入居者に状況把握サービス、生活相談サービス等を提供します。

法人沿革

toda24
年月内容
昭和31年8月

初代理事長(設立者)戸田 啓一により神戸三宮仁十病院 開設

初代院長 佐谷正輝 医師

昭和35年12月

医療法人 公仁会 神戸三宮仁十病院 開設

医療法人化の実施

昭和39年1月

明石市魚住町の地に、(分院)医療法人 公仁会 明石仁十病院 開設

112床(内、結核病棟39床)

昭和44年7月

第二代理事長 戸田 久一 就任

医療法人 公仁会 神戸三宮仁十病院 閉院

昭和44年8月

医療法人 公仁会 明石仁十病院に一本化する。

昭和50年5月

病棟再編及び結核病棟の廃止 93床

昭和54年7月

第三代理事長 戸田 誠子 就任

昭和58年9月

サテライト診療所 仁十クリニック 開設

昭和58年12月

明石仁十病院 第四代 院長 伊賀 文計 就任

昭和61年12月

一般病棟 再編改築 103床

平成2年1月

一般病棟 新築(一部改築)103床

平成5年1月

厨房・看護学生宿舎棟建設

平成6年11月

明石市 在宅介護支援センター運営の受託(開設)

平成9年12月

明石市 訪問介護事業運営の受託(開設)

平成12年3月

療養病棟 新築 (100床:医療保険24床/介護保険76床)

一般病棟49床  合計149床で運営

平成12年4月

各種介護保険事業の開始
① 居宅支援事業所
② 訪問介護(ホームヘルプステーション)
③ 通所リハビリテーション
④ 訪問看護

平成17年1月

療養病棟全床(100床)介護保険適用病棟へ変更

平成17年3月

特定医療法人の指定を受ける

平成22年8月

第四代理事長 伊賀 文計 就任 現在に至る

平成23年4月

療養病棟(100床)のうち、52床を医療保険適用病棟へ変更

平成23年12月

一般病棟49床のうち20床を回復期リハビリテーション病棟へ変更

平成24年11月

耳鼻咽喉科 新規開設

平成26年4月

泌尿器科  新規開設

平成26年5月

サービス付き高齢者向け住宅「清水の家・仁十」開設
仁十クリニック、ホームヘルプステーションを同建物内へ移転

平成26年6月

糖尿病内科 新規開設

平成26年10月

「清水の家・仁十」敷地内に明石仁十病院訪問看護ステーションを新規開設

平成26年12月

療養病棟(100床)全床を医療保険適用病棟へ変更

平成27年6月

定期巡回・随時対応型訪問介護看護サービス開始

令和元年7月

明石仁十病院 第五代 院長 小澤 一之 就任

戸田 啓一(初代理事長)

・明治35年9月17日生まれ

・昭和35年12月 医療法人公仁会 開設

・昭和35年

  兵庫県医療信用組合の設立に尽力をする。

 

・昭和35年4月

  神戸市立病院長会設立(現 社団法人兵庫県民間病院協会)

  昭和35年4月~昭和35年5月 理事

  昭和41年5月~昭和43年5月 総務理事

 

・社団法人日本医療法人協会

  昭和39年度改選 理事

  昭和41・43年度改選 常務理事

 

・昭和44年7月3日逝去