本文へスキップ

特定医療法人公仁会 明石仁十病院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-942-1921

兵庫県明石市魚住町清水1871-3

糖尿病内科Diabetes Medicine

内  科 呼吸器内科 整形外科 神経内科

 糖尿病内科 耳鼻咽喉科 泌尿器科 リハビリテーション科

医師紹介

岸上 真紀子

メッセージ
勤  務 平成26年4月より  皆様が笑顔になれるように明るく頑張ります。神戸赤十字病院でも糖尿病代謝内科外来をしています。
専  門 内科、糖尿病内科
所属学会 日本内科学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本間脳下垂体腫瘍学会 


糖尿病とは

糖尿病とは、膵臓で作っているインスリンという血糖値を下げるホルモンの作用が弱り、そのため血液中のブドウ糖濃度(血糖)が高くなる病気です。血糖値が高くなると尿から糖が漏れ出ていくので、「糖尿病」という名前です。
糖尿病には、1型糖尿病、2型糖尿病など様々なタイプがあり、一番多いタイプは2型糖尿病で、生活習慣や遺伝が原因であると言われています。家族に糖尿病の方がいる人は糖尿病になりやすい素質があり、家族に糖尿病の方がいなくても暴飲暴食や強いストレスが続くと糖尿病になる可能性があります。

早期発見・早期治療

糖尿病も早期発見、早期治療が大切です。糖尿病は膵臓が弱る病気なので、たとえ自覚症状がなくても血糖値が高い状態が続いていると、どんどん膵臓が弱っていきます。膵臓が弱りきる前からしっかりと治療していくことが重要です。
糖尿病かどうかの診断は血液検査で可能です。合併症に関しても様々な検査を通して早めに状況を把握し治療を行うことで、進行を少しでも遅らすことができます。

サインかも
喉が渇く、トイレが近い、疲れやすい、疲れが取れない etc


予防・治療について

治療には、食事・運動療法、それだけでは血糖値が下がらない場合には、薬物療法が必要になります。ここ最近、糖尿病の治療薬の進歩は著しく、新しい薬が次々と登場してきています。また、「インスリン自己注射になったら終わりだ」と思っておられる方も多いかと思いますが、現在では早めにインスリン自己注射を行うことで膵臓を休ませ、長期的に膵臓を守ることができるため、早めにインスリン自己注射を行っていくべきであると言われています。。 

 
糖尿病は、インスリンの作用が弱っている病気ですが、インスリンを作る力が弱い、インスリンがあっても効きにくい状態になっている、など様々な状態が組み合わさっており、人それぞれ糖尿病の状態は異なり、状態にあった薬の選択が必要です。「血糖があがってしまっている原因」を一緒に考え、皆様一人ひとりの病気の状態に合った食事、運動、薬を提案させていただき、楽しく毎日を送るお手伝いをさせていただきます


お知らせ

  • 糖尿病予防について

    糖尿病と言われたことがなくても、「糖尿病の予備軍」、「糖尿病の気がある」などと言われたことがある方も、運動や食事、薬による治療などで、今後糖尿病を発症することを予防することが大切です。

  • 入院中について
    外来だけでなく、入院の上で、糖尿病についての情報提供、治療方法の見直し、合併症の精密検査なども行っておりますのでご相談ください。

明石仁十病院明石仁十病院

〒674-0074
兵庫県明石市魚住町清水1871-3

代表
TEL 078-942-1921
FAX 078-941-7722

通所リハビリテーション おあしす
TEL 078-941-2206

居宅介護支援事業所
TEL 078-203-3270